第16回「ゆっくり建築中5」

2023年11月25日

外壁工事が完了しました。

建築中14
建築中15

杉板と杉板の間に隙間を空けて貼り、その隙間の上に押縁(縦の細い木)を貼ります。

この施工方法の良いところは、後日、杉板が痛んだ時、

一枚、一枚剥がして、部分的に貼り直しができます。

かつての日本人が考えたエコですね。

サイディング張りのように、10年後、目地のコーキングを打ち直す必要がありません。

後日にかかる、メンテナンス費用を抑えることができます。

何せ「人生、第4コーナー」を周っていますから、

この先、多大な費用発生など、滅相もありません。

 

外壁工事に、朝8時から夕刻まで作業し、1週間強の日数がかかりました。

何枚の杉板と、真鍮釘を打ったのでしょう。

親方の労苦に頭が下がります。

決して、「親方、結構変態⁈」とは口が裂けても言えません。